Monthly Archives: 4月 2013


産後ダイエットは帝王切開でも始めていいの?

帝王切開とは自然分娩ができない場合に行われる、腹部を切開して子宮から直接赤ちゃんを取り出す手術です。
帝王切開で出産した場合でも、産後ダイエットをすることは可能です。しかし自然分娩と異なり開腹手術を行っているため、帝王切開は産後の心と身体のダメージがとても大きいのです。身体の回復は人それぞれです。産後ダイエットは少しずつ、様子を見ながら行うことをオススメします。
具体的な方法としては、緩んでいる骨盤を元に戻すために骨盤ベルトをすることです。骨盤ベルトの他に、ガードルやウエストニッパーなどの補正下着を使う場合もあります。骨盤をサポートするという意味合いは同じですね。もちろん、傷口に負担がかからないように注意が必要です。
日がたつにつれ、傷口も塞がってきて、痛みも軽減されることでしょう。それからストレッチなど運動系のダイエットを除々に始めると良いと思います。産後の身体に負担をかけないように、くれぐれも注意してくださいね。

産後ダイエットは授乳中でも始めていいの?

産後ダイエットは授乳中でも始められますが、食事制限のダイエットはやめましょう。
簡単なエクササイズなど、運動量を増やすダイエットならいいと思います。
授乳中は栄養バランスの摂れた食事を心がけましょう。欠食は母乳に悪い影響を及ぼします。朝昼晩、3食きちんと食べるようにしましょう。
脂っこいものは避けましょう。赤ちゃんが成長するためにはタンパク質が必要不可欠です。大豆や魚での摂取を心がけましょう。ただ摂りすぎはよくないので、注意が必要です。母乳を作り出す栄養素となる鉄分はもちろん、母乳を出やすくするビタミンやミネラルも大切です。脂っこいものを避けたほうが良いのは、普通のダイエットと同じですね。
授乳時の産後ダイエットは赤ちゃんとお母さん両方に影響をもたらします。はじめに運動量を増やすダイエットならいいと書きましたが、当然のことながらやりすぎは禁物です。授乳中は空腹を感じやすいし、産前と産後では体調も異なります。焦らずマイペースに取り組みましょう。

産後ダイエットとは?

産後ダイエットとは、女性が妊娠出産をした後の産後太りしてしまった身体を、妊娠前のスタイルに除々に戻すためのダイエット方法です。
一般的に出産をすることで、妊娠前から体重が5~10kg増えると言われています。

原因としては、まず妊娠中は激しい運動ができないので消費カロリーが少なくなり、基礎代謝量が低下します。それに加えて、赤ちゃんに栄養を与えたり、出産に備えてエネルギーを蓄えるために食欲旺盛になり、脂肪が蓄積されやすくなるのです。
女性はママになってもキレイでいたいし、妊娠前のスタイルに戻りたい、痩せたいと考えるのは自然なことだと思います。
妊娠中に付いた脂肪は流動性脂肪と言われ、普通の脂肪とは少し違い、落としやすいと言われています。ただし産後ダイエットには期間があり、それは産後6ヶ月以内です。6ヶ月を過ぎると、除々に落ちにくい脂肪へと変わっていくそうなので注意が必要です。
6ヶ月以内が産後ダイエットに適していますが、だからと言って無理は禁物です。焦らずマイペースに産後ダイエットを行いましょう。

 

株主優待を使った生活